為替市場を読む為にテクニカル分析を学ぶ

017

テクニカル分析とは、過去の為替市場の価格変動や出来高や時間経過などを、チャート(グラフ)化して、今後の為替市場の価格変動を予測する分析方法です。

為替市場は、為替市場に影響する経済情報などでも変動しますが、売買する人の心理などでも変動するんです。

テクニカル分析は、チャート(グラフ)化して、以前の動向と比べる事で 売買する人の心理を読んで為替市場の動向を予測する方法なんです。

こんなに上がったら、そろそろ売る人が増えるとか こんなに下がったらそろそろ買う人が増えて上がるのでは?などと予測するんです。

どんなチャートになれば、上がる可能性が高いなどのパターンで売買するタイミングをはかる方法なんですね。

ファンダメンタルズ分析で少し説明したのですが、多数派によって為替市場は変動しているんです。

だから テクニカル分析でも チャートによって、どのように為替市場が動くのかを予測する方の多数派の考えによって為替市場が変動するという事です。

ここでいう多数派とは、人数というより資金力の多数派です。

テクニカル分析といっても いろいろな方法があり、基本が ローソク足を使ったチャートです。

1つのローソク足の形や複数のローソク足の形によって どんな状況なのかを判断して今後の価格変動を予測します。

チャートには、分足や日足や週足などの期間の違うチャートがあります。

取引スタイルや売買期間などによって 重要視するチャートが変わってくるんですね。

☆簡単に主なテクニカル分析を簡単に紹介します。

トレンド系
相場の動く方向(トレンド)によって今後の価格変動を予測するテクニカル分析です。
・移動平均線・一目均衡表・ボリンジャーバンドなどが トレンド系です。

オシレーター系
買われすぎ・売られすぎという相場の流れによって今後の価格変動を予測するテクニカル分析です。
・RSI・ストキャスティクス・サイコロジカルライン・DMI・MACDなどが オシレーター系です。

他にも トレンド系やオシレーター系に属しない テクニカル分析もあります。

テクニカル分析は、一つのテクニカル分析に頼りすぎると 失敗する可能性が高くなります。

だから 複数のテクニカル分析を使って分析する事が大切です。

短期売買でFXで稼ぐのであれば、テクニカル分析を中心に売買タイミングをはかる事が大切になります。

なぜなら 短期売買の場合は、情報での価格変動より、相場の流れによる価格変動を重要視するべきだからです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする