為替の動向を掴む為にファンダメンタルズ分析を学ぶ

016

ファンダメンタルズ分析は、各国の政治・経済状況の変化から、お金の流れの変化を予測して為替変動を予測する方法です。

各国の経済状況を把握する為には、GDP・失業率・物価指数などの指標を分析する必要があります。

各国の政府や民間などが多くの経済に関係する指標を発表しており、世界中の指標を把握する事は、基本 難しいと思います。

そして もし全ての指標を把握してもパワーバランスなどがあり、どのように為替に影響するのかを考える事は、難しいんです。

だから 影響力の大きい指標に絞るという事が大切なんです。

為替市場に とても大きな影響力を与えるのは、アメリカドルです。

アメリカドルに影響を及ぼす情報を把握する事が大切だという事なんです。

アメリカの失業率やGDPの行方によって 為替市場が影響を受けて変動するという事です。

そして 為替市場の動向は、多くの人が為替市場に影響を及ぼすという情報によって変動します。

注目される情報をいち早く収集して 為替市場に影響するのかを判断する事が大切なんです。

世界中の方が注目している情報が どの程度 為替市場に影響を及ぼすのかを考える事が大切だという事です。

実際に経済に影響するという事より、大きく経済に影響を与えると思う人が多いという情報が為替市場に影響を及ぼすんです。

外国為替市場では、買う人が多ければ上がり、売る人が多ければ下がるという 需要と供給のバランスによって価格が変わるので、基本 多くの方が予測する方向に変動していくという事なんですね。

少数派な情報より、多数派の情報が為替市場に影響を及ぼすんですね。

だから ファンダメンタルズ分析では、多数派の情報(多くの方が重要と思う情報)が大切だという事です。

ファンダメンタルズ分析をする為の情報収集は、テレビや新聞やインターネットで、経済に関係するニュースを毎日収集する事が出来ます。

その中で どの情報が多数派なのかを選びだし、どのように為替市場に影響するのかを判断する事が必要になります。

判断する為には、過去の為替市場で どんな情報が大きく為替市場に影響を与えたのかを調べて知る事が大切です。

だから 過去の為替市場と情報を知り、現在の為替市場の動向と結びつける事も大切になるんです。

どんな事があれば、為替はどのように動くなど 過去の為替市場である一定の法則を知る事が出来るんですね。

為替市場に影響すると言われる情報は、世界中の経済情報なので全ての情報を収集して分析しようとしても絶対に無理です。

だから ファンダメンタルズ分析では、大切な多数派の情報に絞り、為替市場に大きく影響を及ぼす情報で為替市場の動向を予測する事が大切なんですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする