良い睡眠がFXの勝率を上げる?!睡眠不足ならFXをするな!FXをするなら快眠しろ!

063

このサイトは、FXのことを説明しているサイトなの?って 思っちゃうかもしれませんが、睡眠はとても大切だと言わせて下さい。

睡眠は、人間が生きて行く中で、とても大切なものです。

良い睡眠ができていなければ、多くのことが上手くいかないものなのです。

睡眠不足であれば、仕事も上手くいきませんし、もちろんFXも上手くいきません。

睡眠不足だと、集中力が欠けますし、判断力も欠けます。

FXで稼ぐためには、集中して情報を収集して分析し、売買のタイミングをはかり判断力で注文します。

しかし 睡眠不足であれば、どれもこれも中途半端になり、タイミング悪く判断して、失敗を招くことになる可能性が高くなるのです。

平均睡眠時間が8時間の人が、睡眠時間を2週間 毎日 2時間少ないと2日間の徹夜に匹敵するといわれています。

2日間の徹夜をすれば、集中力も判断力も下がるのはわかると思いますが、少しずつだと気づかないかもしれませんが、睡眠不足が続くと集中力や判断力が劇的に下がるということなのです。

だから 睡眠不足なら集中力や判断力が低下しているので、失敗する可能性が高くなるからFXの取引をしちゃダメだということなのです。

FXで稼ぐ為には、集中して判断できるように快眠する必要があるのです!

では、FXで稼ぐために快眠する方法を紹介します。

〇快眠するための方法6つ

1.お腹の中を空っぽにしておくことで快眠することができるので、就寝の3~4時間前には、夕食をすませる。
2.明るいと睡眠ホルモンが減るので、眠る1~2時間前には部屋を少し暗くする。
3.就寝前には、読書・音楽などでリラックスして眠ることができるようにする。
4.毎日適度な運動をすることで、睡眠の質が上がります。
5.快眠できる環境作り適切な室温と湿度、室温20度前後・湿度50%程度が快眠に良い。
6.ストレスは快眠の敵!ストレスを解消することも快眠するためには大切です。
7.規則正しい生活を心がける。早寝早起きして、きちんとバランスの取れた食事ですよ。

失敗する可能性を高くしないためにも、快眠をしてFXの取引をしましょう。

〇FXの取引が不眠を招き負のサイクルになる?!

心配ごとがあると睡眠に支障をきたしますので、FXの取引で心配して眠れないような状態にしておくことは危険です。

FXで取り扱う通貨は、24時間変動しているので、24時間取引が可能ですが24時間眠らずに取引するのは無理ですよね。

だから 眠っているときもポジションを持って決済をしていなければ、為替変動により、FXで損得をしているということです。

私も為替相場の動向が気になって、眠れないという経験をしたことがありますが、そんなに気になるのであれば、一度 決済をして眠ったほうがいいと思います。

余裕資金でFXをすることは前提ですが、眠るときに気になるほどの取引をして眠るのはダメだということです。

FXの取引をしたまま眠るときは、FXでは決済注文などを事前に予約することもできますので、損切り、利益確定共に注文しておくこともできます。

だから 眠る前に最悪の事態を想定して、決済注文を出しておくことも、快眠するために大切になるんですね。

しかし それでも気になるようであれば、一度 眠る前にFXの取引の決済をしておきましょう。

ストレスが貯まると睡眠の質が下がりますので、FXで損をしてしまうとストレスが貯まってしまい負のサイクルに陥ることになります。

FXで損をしてストレスが貯まって不眠になり、不眠により判断ミスをして、損をしてしまいストレスが貯まって不眠になるという負のサイクルに陥ることにもなるかもしれないということです。

だから 不眠は、FXで損をする可能性をドンドン高めるということです。

なので、寝不足のときは、FXの取引を控えて、快眠することを心がけることで、FXで稼げる可能性を高くすることができるということですね。

FXで稼ぐためには、快眠することはとても重要だということです。

情報収集力や分析力や判断力を高めることもFXで稼ぐために大切になりますが、快眠することができていなければ、高めた能力を発揮できずに損をする可能性を高めるということです。

だから FXでの勝率を高めるためにも快眠生活をしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする