FXで勝つには、自分が戦えるフィールドを見つける事が大切

057

何事も人によって得意な部分や苦手な部分はあるものです。

自分が苦手なもので戦えば、多くの人は負ける可能性が高くなります。

逆に 自分が得意なもので戦えば、多くの人は勝てる可能性が高くなります。

FXでも同じで、得意な取引方法や得意な通貨などを見つける事で、勝てる可能性を高くする事が出来ます。

だから 自分が戦えるフィールド(場所)を見つければ、FXでも 稼げる可能性を高くする事が出来るという事ですね。

自分が戦えるフィールドを探し出す為に、まずは、自分の性格を客観的に判断して理解して、どんな取引スタイルが向いているのかを客観的に考えてみましょう。

FXの取引スタイルは、大まかに スキャルピング、デイトレード、スイングトレード、スワップトレードなどがあります。

例えば 判断力があり、短時間で物事を決めたいような方であれば、短期で売買を完了させるスキャルピングやデイトレードが向いているといえます。

慎重派で分析重視の方であれば、中長期で取引するスワップトレードが向いているといえます。

心配性の方もいれば、大ざっぱな方もいますし、生まれ育った環境などでも考え方も違います。

だから 性格によっても、FXの取引スタイルを変える必要があり、FXで戦えるフィールドが違うという事になるんですね。

性格以外にも、状況などの違いによってもFXの取引スタイルを変える必要があります。

独身の方もいれば、家族がいて子供がいる方もいますし、仕事をしていて忙しい方もいれば、時間はたっぷりあるという方もいると思いますし、余裕資金がある方もいれば、余裕資金があまり無いという方もいますね。

独身であれば、攻めた取引をする事ができる可能性が高いので、スキャルピングやデイトレードなどの取引で、短期で稼ぐという考え方ができます。

家族がいて子供がいる方であれば、先の事を考えると安全に、スワップトレードで金利を稼ぐという方がいい場合が多いと思います。

仕事をしていて忙しい方であれば、日々の為替相場の動向を把握しておく事が大切なスキャルピングやデイトレードは、難しいといえます。

詳しくFXの取引スタイルについては、こちらで説明しています。

→ FXの取引スタイルを決める。

しかし 自分で自分を理解するのは意外と難しく、自分で思っているような自分でない場合もあるので、FXの取引をしながら、状況を判断して、取引スタイルを決めていく事も大切なんですね。

実際に取引したときに、自分の意外な才能に気づくという方もいるんですよ。

そして 通貨によって、特徴があり通貨変動のしかたが違いますので、通貨によっても得手不得手がでてきます。

アメリカドルであれば稼げても、ユーロでは稼げないという人もいるんです。

通貨によって、取引スタイルとの相性もありますし、分析方法などとの相性もあるんですね。

例えば、スワップトレードであれば、高金利の通貨の方がスワップによって稼げる金額が増えるので相性がいいといえますが、分析方法によっては相性が悪い場合もあります。

スキャルピングやデイトレードであれば、値動きの激しい通貨の方が稼げる可能性が高いので相性がいいように思えますが、分析方法などによって相性が悪い場合もあるんですね。

通貨によっての得手不得手は、基本 取引する中で、見つけるしかありません。

取引の経験を積むことで、自分の得意な通貨が解ってくるんですね。

テクニカル分析の方が性格的にあっている方もいれば、理論派の方は、経済の動向や国のパワーバランスなどを考えて、中長期な戦略を練る方が得意という方もいますね。

自分で売買タイミングを決めるのが苦手だと思う方であれば、システムトレードを利用した方がいい場合もあります。

→ FXの自動売買取引のシステムトレードを学ぶ

長年の経験で相場感がある方であれば、自分の第六感を働かせて稼いでいる方もいるでしょう。

人それぞれ素質が違い、考え方も違いますので いろいろな事を考慮して 自分の戦えるフィールドを決めるべきなんですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする