外国為替取引が行われる理由

056

FXでは、外国為替取引をレバレッジという仕組みを使う事で、資金以上の取引が出来ます。

だから 外国為替取引を大きな意味で理解しておく事もFXをする上で重要だという事になるんです。

そこで なぜ外国為替取引が行われるのかを知っておく事も必要になるのでは?

FXの取引には、直接的に関係はないと言えますが、知識として知っておく事も大切なんです。

では、外国為替が行われる理由について説明していきます。

外国為替取引が行われる理由は、第一に需要があるからです。

違う国同士で貿易をする為や海外旅行に行くときにも その国の通貨と交換する必要がありますよね。

他の国との通貨の価値が決まっていなければ、貿易する事が難しく 物々交換だけでは貿易は難しいですし、海外旅行に行くために貴金属を買って、その国で貴金属を売って海外の通貨を得るというのは、得策ではありませんよね。

だから 外国為替取引によって、異国間の通貨の価値を決める必要があるんです。

そして 「リスクヘッジ」の為にも外国為替取引がされています。

リスクヘッジとは、リスクを抑える為の取引の事です。

例えば 海外から商品を仕入れるとします。商品と一緒に支払うのが普通の取引になりますが、国の状況によって物の価値は日々変化していますので、通貨の価値も国の状況によって変化します。

しかし 海外から商品を仕入れる際に 通貨の価値変動により、損をしたり、得をしたりしていたら、企業は収益の予測が難しくなりますので、企業の運営も難しくなるんです。

だから 外貨の受取や支払いの価値変動を防ぐ為(リスクを抑える為)に、適当な時期に外貨を購入したりして、自国の通貨での価値を決めておいた方がいいんですね。

そのような リスクを抑える為に外国為替取引が行われるんですね。

さらに 損をする可能性もあるが利益を求めて行う為に外国為替取引がされています。

そのような取引を「リスクテイク」と呼びます。

基本 FXもリスクテイクです。

損をする可能性もありますが、利益を求めて 多くの情報などによって今後の為替相場の変動を予測して取引をするんですね。

そして そのような利益を求めて取引する リスクテイクな取引が外国為替市場の取引の9割以上を占めているんです。

実際に経済に必要な外国為替取引は、1割以下って事になります。

現在では、外国為替取引は、経済活動に必要なものより、投資や投機目的の物が多いとう事になるんですね。

だから FXで稼ぐ為には、そのリスクテイクをしている人達の動向を掴む事が大切だという事なんです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする