FXの自動売買取引のシステムトレードを学ぶ

054

FXでは、自動売買(システムトレード)という、決めたルールにのっとって、システムが自動的に売買をしてくれるシステムがあります。

えっ そんな便利なものがあるの?って 思われる方もいると思いますが 本当にあるんです!!

自動売買(システムトレード)をするシステムを使用すれば、ルールを決めてしまえば 後はほったらかしでもルール通りに売買をしてくれるんです。

そんな方法で本当に稼げるの?って 思いますよね。

答えは、稼げる可能性もありますが、当たり前ですが損をする可能性もあります。

FXは投資なので 必ず稼げるという事はないんですね。

しかし 自動売買(システムトレード)を上手く利用する事で、FXで稼げる可能性を高くする事が出来るんです。

では、自動売買(システムトレード)について理解する為に 普通に自分で売買のタイミングを決めてする裁量トレードとルールにのっとり売買するシステムトレードについて考えてみます。

FXで稼ぐ為には、感情をコントロールする事が大切です。

なぜなら 感情によって売買をしていては、感情の変化により上手くいくものも上手くいかなくなる可能性が高くなるからです。だから FXで稼ぐ為には、感情をコントロールして客観的に判断する事が大切になるんですね。

システムトレードであれば、決めたルールに乗っ取って自動で売買をしてくれるので、一時の感情によって判断を間違えるという事がありません。

裁量トレードの場合は、自分なりのルールを決めていても「まだ、上がるかもしれない」「もうそろそろ下げ止まって上がるかもしれない」と自分に有利な状況を想像したり、その時の感情によってルールを守れずに失敗する可能性を高くしてしまう場合があります。

だから システムトレードの方が 感情をコントロールする必要がないので、有利な部分もあるといえます。

そして FXの取引経験が浅いかたでも システムトレードの場合は、過去の為替相場で稼げていた売買ルールを使用しているので、素人の方でも稼げる可能性を高くする事が出来ます。

しかし システムトレードも為替相場の流れによってルールを変える必要がありますので、きちんと為替相場の勉強をする必要があります。

裁量トレードで稼ぐ為には、多くの勉強と経験による状況判断能力などが必要になりますので、誰でも同じように取引をする事ができるものではありません。

だから 裁量トレードで稼ぐ為には、経験や才能のようなものも必要になるんですね。

さらに システムトレードであればルールを決めれば 自動でルール通りに売買してくれるので、24時間変動する為替を忙しい方でも安心して取引が出来るという事になります。

しかし ずっとほったらかしでは稼げる可能性が低くなりますので、ある程度の期間で相場の流れや状況を把握して システムトレードのルールを変えるなどの作業は必要になります。

FXで取引する為替相場は、いろいろな国の経済の動向などによって日々変化しています。

だから 為替相場の変動も日々変化しながら予測外の相場変動をするようにもなるんです。

過去にない相場変動になれば、過去の相場変動によって作られたシステムトレードのルールでは稼げないようになる事もあるんです。

さらに システムトレードの場合は、予想外のニュースや経済状況による為替相場の変化には、対応しきれない部分があります。

そんな時には、経験による取引が出来る裁量トレードに軍配が上がる事もあるでしょう。

裁量トレード・システムトレード共に 良い点・悪い点がありますが、システムトレードを学ぶ事もFXで稼ぐ為には、大切だという事になるんですね。

システムトレードは、厳選された売買システムの中から気に入ったルールを選ぶだけで、簡単にFXの取引をする事が出来ますが、システムトレードで稼ぐ為には、システムトレードの使い方やどんな状況では、どんなルールなど裁量トレードと同じように きちんと学ぶ必要がありますので、きちんと学んでから本格的にシステムトレードに挑戦しましょう。

システムトレードをする為には、システムトレードに対応しているFXの取引業者を選ぶ必要があります。

◎システムトレードのソフトを提供しているFXの取引業者を紹介しておきます。

シストレ24 インヴァスト証券
インヴァスト証券シストレ24は、多くのストラテジー数をそろえたFX自動売買サービスです。

セントラルミラートレーダー|セントラル短資FX株式会社
セントラル短資FXが提供する「<選べるシストレ>セントラルミラートレーダー」は、厳選されたストラテジで24時間自動売買するシステムトレード口座です。

みんなのシストレ
トレイダーズ証券「みんなのシストレ」は、優秀なストラテジーの投資戦略をコピーできるシステムトレードサービスです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする