FXの取引スタイルを決める

005

FXは、基本24時間取引が可能ですので、他の投資より、取引する時間を気にする必要があまりありませんが、

ずっと変動しているので通貨を持っている時は、精神的負担があるんです。

だから そんな事も考えながら自分にあったFXの取引スタイルを決める事が大切なんです。

FXの取引スタイルは、スキャルピング、デイトレード、スイングトレード、スワップトレードなどがあります。

スキャルピングは、数秒から数分で売買を完了させる超短期の取引スタイルです。

買ってすぐに売るという感じで、ほんの数秒から数分の価格変動で稼ぐ取引スタイルですので、FXが資金の数十倍もの取引が可能であっても ある程度の資金が無いと稼ぐ事が難しいと思います。

売買タイミングで稼ぐ方法なので、判断力と決断力がある方でないと 悩んでいては、稼ぐ事が出来ません。

感が一番大切な取引スタイルです。

そして スキャルピングは超短期なので、通貨の価格変動による精神的負担は少なくてすみます。

デイトレードは、数時間から1日以内で売買を完了させる短期の取引スタイルです。

1日以内での取引なので、ある程度 稼ごうとすれば それなりの資金が必要になります。

デイトレードの場合は、チャートを元にしたテクニカル分析で売買タイミングを計り売買する事になりますので、世界情勢など難しい経済情報などで、為替相場を判断する必要は、ほとんどありません。

デイトレードは、1日以内で売買を完了させるので、次の日に取引を持ち越さないから 寝ている時は、価格変動を気にする必要がないので精神的負担が少なくてすみます。

そして デイトレードの場合は、毎日取引を完了するので、取引終了後や取引をしない日は、為替相場を気にする必要はないんです。

スイングトレードは、数日から数週間で売買を完了させるFXでは中期の投資スタイルです。

いくらFXが資金以上の取引が出来るといっても、少額資金では 1日程度の為替変動で稼ぐ事は難しいです。

だから 少額資金でするならスイングトレードが向いていると思います。

スイングトレードの場合は、通貨を持っている期間は、通貨の価格変動が気になり、精神的負担が大きくなりますが、少額資金であれば、通貨の変動は株式のように大きくないので、そこまで心配する事はありません。

さらに スイングトレードの場合は、日々もらえるスワップポイントでも少しは稼ぐ事ができるんです。

スワップトレードは、数ヶ月程度保有するスワップポイントを獲得する為の長期の投資スタイルです。

FXの魅力であるレバレッジを使って資金以上の取引をするというより、外貨預金のような感じで考えた方がいいと思います。

だから メインは、スワップポイントによる利益重視になりますので、高金利の通貨を購入する事が大切です。

ある程度 購入する国の経済状況を把握して、売買タイミングを計り、金利を得るという考えと為替変動で稼げた場合は、売買を完了させて稼ぐという感じです。

長期の運用になると、為替の変動リスクが高くなりますので、無理な資金やレバレッジを使った取引はしない方がいいです。

スキャルピングやデイトレードで稼ぐには、ある程度の資金と相場をずっと見ておける時間が必要になります。

スイングトレードは、相場をずっと見ておかなくても大丈夫ですが、あまり高いレバレッジをきかせた取引はしない方がいいと思います。

スワップトレードは、相場より購入する国の将来性とスワップポイントを考えて、あまりレバレッジをきかせない預金のような感じの方がいいと思います。

どの取引スタイルが自分にあっているのかを考えて 基本となる取引スタイルを決めましょう。

デイトレードで取引すると考えていたのに、思ったように稼げなかったからスイングトレードに変更するなど、曖昧な取引スタイルでしてしまうと、判断ミスが多くなりますので注意が必要です。

デイトレードだから、高いレバレッジをきかせて資金の数十倍の取引をしていたのに、スイングトレードに変更すると、大きなリスクを抱える事になりますよ。

だから きちんと取引スタイルを決めて 無理のない資金でFXをする事が大切なんですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする