FXを始める為の準備

004

FXを始める為には、証券会社やFX専門業者のFX取引口座を開設する必要があります。

まずは、FX取引口座を開設する為に、資料請求をする必要があります。

証券会社やFX専門業者のホームページより、口座開設に関する資料を取り寄せて、資料がきたら必要事項を記入し必要書類を用意して指定先に送付します。

そうすると口座開設が完了したことを知らせる資料が届きますので、後は口座に資金を振り込む事で、FXを始める事が出来ます。

基本 資料請求から口座開設が完了してFXの取引が出来るまでに 2週間程度の期間が必要になります。

でも 多くのFXの取引が出来る証券会社やFX専門業者がいますので、どの会社で口座を開設すればいいのか迷ってしまうと思います。

どの会社のFX口座を選べばいいのか?

まずは、取り扱っている通貨の種類が会社によって違います。

どの通貨の取引がしたいのか?を決める事で どの会社でFX口座を開設するかを絞る事が出来ます。

そして 取引手数料やスプレッドなどの費用について考える必要があります。

取引手数料は、通貨を売買する時に発生する手数料の事ですが、基本 多くの取引会社では、FXの取引手数料が無料です。

だから 費用については、スプレッドを中心に考えた方がいいんです。

FXでいう スプレッドとは 売値と買値の価格差のことで、その差額が費用となるという感じです。

FXの取引業者によって、スプレッドが違ってきます。

スプレッドが 米ドル/円で2銭かかるとすれば、1ドルの売買で2銭の手数料が発生するという事です。

だから スプレッドが安い方が 費用が安いという事になるので、スプレッドをきちんと確認して取引口座を選ぶべきなんですね。

そして スプレッドには、変動スプレッドと固定スプレッドがありますが、変動スプレッドの場合は、スプレッドが安い時は安いので魅力的ではありますが、タイミングによってはスプレッドの変動差が大きくスプレッドがとても高くなる事があります。

固定スプレッドの場合は、多少スプレッドが変動することもありますが、基本的にスプレッドは一定です。

どちらがいいと断定は難しいのですが、安定的に安心して取引したいのであれば、固定スプレッドを選んだほうがいいと思います。

スプレッドが固定なのか?変動なのか?どの通貨に対してどれぐらいのスプレッドがかかるのか?をきちんと把握してFXの取引口座を選びましょう。

そして 安全性の高いFX業者の口座を開設する事が大切です。

FXでは、信託保全といって FX業者は、顧客の資産を信託銀行に信託する事が決められており、もしFX業者が倒産しても、顧客に資産を返還されるようになっています。

しかし すべての資産がタイムリーに信託保全するのは難しく 全額補償で絶対に安全だとはいいきれません。

FX取引業者が倒産すれば 少しは損をする可能性があるという事です。

だから 安全性の高いFX取引業者を選ぶべきなんです。

信託保全については、全額信託保全と一部信託保全の業者があるので、全額信託保全の会社を選ぶべきですし、どれぐらいの企業なのか?などを調べて きちんとした業者で口座を開設する事が大切なんですね。

FXの取引業者によって、注文画面やチャートなどの機能が違います。

使いやすさや見やすさなどは、人によって違うので どれがいいのかは、実際に使ってみないと解りません。

だから 口座維持費などは、基本かかりませんので、FX取引口座は、数社選んで開設した方がいいと思います。

別に口座を開設しても使わなければいいですし、もし何かのトラブルでいつも使っているFX取引口座が使えないような事態が発生した場合に役立ちますよね。

基本 FXの注文は、ネット上のシステムで行うので、システムトラブルなどで 売買が出来ないなどの事態が起こる可能性もあるので、複数の取引口座を持っておく事も大切だと思います。

後は、スマートフォンなどで簡単に取引ができるソフトなどを提供している会社もありますので、スマートフォンでFXの取引をしたいと思われる方は、スマートフォンでの取引に最適なFX取引口座を選ぶべきですね。

FXの取引口座の選び方のまとめとしては、取り扱っている通貨の種類と発生する費用などを調べて、そして 数社に絞り込んで、複数の口座を開設して実際に使ってみて、メインの取引口座を決めるという感じです。

FXの取引口座を開設して資金を振り込めば、FXの取引開始ができますが、初めから大きな取引をしては危険ですよ。

実際に取引をしないと解らない事もありますし、失敗をする事で学べる事もあります。

大きな取引をすれば、大きな失敗をする可能性が高く 失敗によって学んでも 取り返しの付かない事態になる可能性もあるからです。

FXでは、資金の何十倍もの金額を動かす事ができるので、大きな危険が潜んでいるんです。

だから まずは、少額で取引をして、FXを学ぶ事が大切です。

そして FXの取引は、パソコン上での数字になるので、お金という感覚が少し鈍る方も多く、ゲーム感覚になってしまい現実感の無い取引をしてしまう方もいます。

失ってから気づいても 取り返しの付かない事になるので、きちんと大切なお金を運用しているという事を忘れずに取引する事が大切になりますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする