FXは、レバレッジのきかせかたで勝負の明暗が分かれる?!

046

FXで稼ぐ為には、いろいろな情報収集をして今後の通貨の動向を考えて 売買するタイミングを考えて売買する事が大切です。

いろいろな情報や分析方法を使って、今後の通貨の動向を予測して当てる事ができれば、FXで稼ぐ事が出来るという事ですが、どんなに情報や分析方法を駆使しても必ず予測を当てる事は出来ません。

誰もが予測出来ないような不測の事態が起こるかもしれませんし、通貨の動向に影響するのは一つの事ではなく いろいろな事が関係していて複雑だからです。

だから どんなに勉強して情報収集しても確実な予測をする事ができるようにならないという事です。

ではどうすればFXで稼ぐ事ができるのか?

答えは至極簡単で 経験と情報収集力と分析力を高めて予測の確率を上げる事と自信のある予測の時にどれだけ勝負ができるかがFXで稼げるか?稼げないかの分岐点になるんです。

しかし 経験や情報収集力や分析力を身につける事は時間もかかり簡単ではありません。

自信のある予測の時にどれだけ勝負ができるのかを調整をするのも簡単ではありませんが、その事を重要視する事を忘れてしまう方が多くいます。

だから FXで稼ぐ為には、情報収集や分析だけではなく FXの最大の魅力であるレバレッジをきかせて どれぐらいの勝負をするのかを決める事を考えて判断する事が大切なんです。

FXの最大の魅力であるレバレッジの使い方次第で大きくFXでの運用成績は大きく違ってきますよ。

どれぐらいの確立でどのような根拠の時に自分の予測が当たるのかを分析して どれぐらいのレバレッジをきかせた取引をするのかを考えておく必要があるんです。

例えば 70%の自信があると判断できた時には、どれぐらいのレバレッジをきかせるなど ルールを決めておくという事です。

可能性が高いと判断できた時に勝負をして 可能性が低いと判断した場合は、取引をしないか それともレバレッジをあまりきかせないで取引するって事です。

ルールについては、資金や経験などによって変える必要があるので、実際に取引しながらレバレッジのきかせかたを考えて実践して、どのルールがいいのかを決めていくという感じです。

自信とレバレッジのきかせ方を意識して取引してルールを決めていくという事が大切なんですね。

しかし自信がどれぐらいなのか?を決めるのは難しいものです。

気分によっても変わってきますし、気分によって変わった自信でレバレッジのきかせかたを変えても失敗を招く原因にもなります。

だから何の根拠も無い自信ではダメなんです。

客観的に捉える事ができる根拠のある自信によってルールを決めるという事が大切なんです。

ファンダメンタルズ分析であれば、通貨の価格変動に影響する指標が市場予測より実際がどうなったから買いだ!というような自信の根拠が大切だという事です。

テクニカル分析では、例えば3つの指標で買いと判断できた時には、どれぐらいの可能性や自信があるという感じです。

FXでは、レバレッジのきかせかたで トータルで稼げるか稼げないがかわる事があるんです。

だから FXで稼ぐ為には、客観的な根拠のある自信でレバレッジのきかせかたを決める事が大切だという事なんですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする