商品市場の動向を知り為替相場の動向を読んでFXで稼ぐ

043

全然関係の無いように思われる方もいると思いますが、金融商品には密接な関係があり、FXで稼ぐ為にもFXに関係する商品市場の動向を知っておく事も大切なんです。

ここでいう商品市場とは、先物取引で取引される商品市場の事で、その商品市場の動向により多くの影響を受ける国々があるんです。

商品市場の原油は、多くの国の通貨に影響を及ぼします。

原油高は原油産出量の多い資源国にとっては、通貨高の要因になりますが、原油の消費国にとっては、通貨安の要因になります。

FXで取り扱う主要国の通貨で考えるとオーストラリアドル(AUD)、カナダドル(CAD)、イギリスポンド(GBP)などが原油産出量の多い国なので原油高になれば通貨高になる通貨といえます。

逆に日本円(JPY)、ユーロ(EUR)は原油高になれば通貨安になる通貨といえます。

アメリカは原油産出量の多い国ですが、原油の消費も多い国ですのでアメリカドル(USD)は、原油高になれば通貨安の要因の方が大きいといえますし、世界で行われている原油決済のほとんどがアメリカドル(USD)建てで行われるので原油価格の上昇はアメリカドル(USD)と連動するんです。

そして 原油の価格変動は、世界経済の動向に影響を受けます。

世界経済が好調だと原油の消費が多くなり需要と供給のバランスを保つ為に原油価格は上昇します。逆に世界経済は不調だと原油価格が下降するんです。

商品市場の原油の価格動向によって通貨高になる国もあれば通貨安になる国があるという事を知っておけば、原油価格の動向により為替相場の動向を予測する事ができるという事になるんですね。

商品市場の影響を大きく受ける国の通貨としては、資源国であるオーストラリアドル(AUD)です。

オーストラリアは、鉱物資源や穀物など多くの資源を海外に輸出している国なので、商品市場の影響を大きく受けるので、商品市場の価格が上昇すれば、国が豊かになり通貨高になるんですね。

新興国の通貨としては、南アフリカは、レアメタルの産出量が多いのでレアメタルの価格変動によって通貨が変動します。

ロシアは、資源国で特に原油によって発展している国なので、原油価格の動向が大きく通貨に影響を与えます。

どの商品がどの国の経済のどれぐらいの規模に影響しているのかなどを知る事で、商品市場の動向が通貨に影響を及ぼすのか?今までの商品市場の動向と為替の動向を比較しながら どれくらいの影響があるのか?

いろいろな考え方で商品市場の動向をみると為替相場の動向を予測する材料になるという事です。

FXで稼ぐ為には、いろいろな方向からの考え方や世界経済がどんな事がどのように関係しているのかを知り そしてそれを裏付ける理由を知る事が大切です。

FXで稼ぐ為にも商品市場の為替相場への影響を知る事も大切だという事なんですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする