短期での取引の利点を知りFXで短期運用で稼ぐ

040

FXの魅力であるレバレッジは、短期取引にとても有効な仕組みです。

レバレッジを使う事で 資金の数十倍もの取引が出来るので、短期でも大きなチャンスを掴む事が出来るんです。

しかし その分 FXのレバレッジにはリスクがあります。

レバレッジを使う事で 資金の数十倍もの取引が出来るので 短期間で大きく稼ぐ事も出来ますが、短期間で大きく損をする可能性もあるんです。

だから レバレッジを使って稼ぐ為には、メリットばかりでは無くデメリットについても きちんと理解しておく事も大切です。

FXのレバレッジのデメリットは、やはり資金の数十倍もの取引が出来るのでリスクも高くなるという事です。

しかし FXでは無理にレバレッジを使って資金の数十倍もの取引をしなくてもいいので、リスクを考えて無理のない範囲でのレバレッジを使う事で リスクを軽減する事も出来るんです。

そして レバレッジのデメリットは、短期取引によってある程度 解消されるんです。

FXで取り扱う通貨は、株式のように大きなニュースなどによって価格を付けないで価格が大きく変動(ストップ安やストップ高)する事はありません。

為替相場は、基本 売買を繰り返しながら上下するんです。だから 短期で そこまで大きく通貨の価値が変動する事は無いという事です。

レバレッジを使う事で短期取引でも稼ぐ事が出来るので 短期取引であれば 自分が為替相場を見られない時間帯にポジションしておかなければいいので、リスクを抑える事が出来るんです。
※ポジションとは、外貨の売り買いの持ち高(残高)のことをいい、決済して利益や損失が確定する前の状態のことをいいます。

FXで取り扱うのは、国の通貨なので 24時間ずっと変動し続けています。

だから 売買している通貨を持ち続けると 予期できない事での為替変動でのリスクが伴います。

例えば 寝ている時に 大暴落した場合、大きくレバレッジを使って取引をしていると 勝手にロスカットされて 多くの資金を寝ている時に失うなどの可能性もあるんです。

だから 中長期で稼ぐというような取引方法であれば レバレッジをあまり使わない取引をした方がいいんですね。

FXの魅力であるレバレッジは、短期取引である1日以内で売買の取引を決済させるようなデイトレードや 数分で取引を決済するスキャルピングという手段で取引をする方であれば レバレッジを最大限にいかす事が出来るんです。

短期取引の利点としては、為替相場に影響を及ぼすいろいろな経済情報を収集して判断する必要が少なく 相場の流れを知りテクニカル分析という方法に絞って取引をする事が出来という事です。

そして 短期で取引すれば仕事以外の時間で取引を完了(決済)させればいいので 何日にもまたいで取引をする中長期の運用のように仕事中に気にする必要がないのもメリットです。

短期であれば 短い時間だけなので取引に集中する事も出来るのもメリットですね。

FXで中長期運用するのであれば 無理なレバレッジを使わないで取引する事をオススメします。

中長期で運用していても ここぞという短期で勝負する時にレバレッジを使って稼ぐという感じの取引も出来ますね。

FXでは、レバレッジにより中長期でも短期でも運用して稼ぐ事が可能って事です。

短期運用の方が取引をしていない時に精神的にも楽なので、人それぞれ向いている運用方法は違いますが、FXで稼ぐ為には、短期運用の利点を知っておく事も大切なんですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする