FXの強制決済ロスカット(損切り)を知る

036

FXは、証拠金というお金を預けてレバレッジという仕組みにより資金の数十倍もの取引をすることが出来ます。

だから FXでは、少額資金でも大きな取引が出来るので大きく稼ぐ事が出来るんです。

しかし 大きく稼ぐ事ができるという反面 それと同様にリスクも大きくなるんですね。

FXでは、レバレッジを使って資金の数十倍もの取引をすると大きく損をする可能性があるという事なんです。

当たり前ですが FXで大きく損をすると 資金(証拠金)が不足しますよね。

そうならない為に FXの取引会社から資金(証拠金)の比率が50%を割り込んだ時点で資金(証拠金)が不足しそうですよという『マージンコール』という警告がされます。

マージンコールされると、資金(証拠金)が不足しそうだから追加で資金を入れるか、損をしている取引を決済して資金(証拠金)の比率を50%以上にする必要があります。

もし マージンコールされても そのままほったらかしにして損失が大きくなると強制的にロスカット(損切り)されるんです。

ロスカット(損切り)とは、損をしている取引を決済するという事です。

売買タイミングなど関係なしに 強制的にロスカット(損切り)される事で、損失を限定できるという事にもなりますが、もう少ししたら反発により損失を抑える事も出来る場合がありますし、資金に余裕があれば反発狙いで買増する事で稼げる可能性もあるので、強制的にロスカット(損切り)されるのは、FXをしている方にとっては、屈辱的でもありますし 悪い事なんですね。

だから 強制的なロスカット(損切り)は FXをしている方にとって恐怖なんです。

強制的なロスカット(損切り)をされない為には、きちんとマージンコールを確認する事とマージンコールがされたら対処する事です。

強制的にロスカット(損切り)される前に 売買タイミングを考えて 自分でロスカット(損切り)する事も大切です。

そして 資金(証拠金)の比率が50%を短期間で割り切るようなレバレッジを大きくきかせた取引をしないという事も大切です。

レバレッジを大きくきかせていると 普通に考えたらそこまで大きな為替変動でないような気がしていても、大きく損をして資金(証拠金)の比率が50%を大きく割り込む事もあるんです。

レバレッジをきかせ過ぎていると寝てる間にマージンコールがされて そして もっと損失が大きくなり強制的にロスカット(損切り)されている場合もあるんですね。

1日以内で決済するような短期で売買する場合は、ある程度のレバレッジをきかせて資金の数十倍もの取引をしてもいいと思いますが、取引を毎日しないで外貨預金のような感じで中長期運用をしようと思っている方は、レバレッジをきかせ過ぎるのは、やめておいた方がいいと思いますよ。

マージンコールに気づかず強制的なロスカット(損切り)により いつの間にか資金を失ってしまっているという事になる場合があるあるからですね。

FXで稼ぐ為には、強制的にロスカット(損切り)されるような事にならないように きちんと対策をして対処する事が大切なんですね。

しかし マージンコールや強制的なロスカット(損切り)は、悪い仕組みではありません。

マージンコールや強制的なロスカット(損切り)は、FXをする方の為の仕組みでもあるんです。

マージンコールや強制的なロスカット(損切り)により損失を限定する事が出来るので、安全装置ともいえるんですね。

だから FXでは、基本 資金以上のマイナスになる事は無いんです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする