金利変動を知る事も為替相場を予測する為に大切

034

金利の変動が為替相場の変動に影響を与えるんです。

例えば アメリカの金利が上昇して 日本との金利差が広がると、アメリカドルで預金した方がお得だと思う方も増えますし、アメリカの金融商品に人気がでるので、アメリカのドルに替えて金融商品を買う事になります。

そうなると ドルが買われる事になるので、円安・ドル高になるという事です。

そして 金利の付かない通貨で預貯金をするより、高金利な通貨で預貯金をした方がいいと思う方も多いですよね。

FXの場合は、為替の変動により稼ぐ事も出来ますが、低金利の国の通貨で高金利の国の通貨を購入する事でスワップといい金利差によって稼ぐ事も出来ます。

外貨預金でも高金利の通貨が人気になる場合が多いんです。

だから 金利変動によって、通貨の人気が変わるという事になるので その通貨が買われると為替相場が変動するんですね。

金利変動は為替相場に影響を及ぼすので、為替相場の動向を予測する為にも金利変動を知る事も大切だという事なんです。

金利については、国の機関が国の財政や景気を考慮して決めます。

日本の金利は、日本銀行が国の財政や景気動向などを考慮して金利を決めます。

アメリカの金利は、連邦準備制度理事会(FRB)が決めます。

ユーロ圏の金利は、欧州中央銀行(ECB)が決めます。

金利変動は、国の状況や経済状況や他国とのバランスなど いろいろな要因があるので、予測する事は難しいですが、金利を決める機関の発表をチェックするだけでも 金利の動向を知る事が出来るので、為替相場の動向を予測するのに役立ちます。

為替相場の動向を予測する為にも 金利を決める機関の発言・発表をチェックする事が大切なんですね。

特に世界経済に絶大な影響力を持つアメリカの金利は、多くの通貨に影響を与えますので、為替相場を予測する為にも きちんとアメリカの金利変動や金利に関係する発言・発表に関しては、気を付けておく必要があります。

そして 金利が上昇すれば人気がでると最初に説明しましたが、一概に高金利の通貨がいいというわけではありません。

基本 金融商品で金利が高いという事は、リスクが高いという事になります。

国の金利が高いという事は、金利を高くしてでも お金を集めたいという事でもあるのです。

だから 高金利=良い通貨だという事ではありません。

金利の変動によって、為替相場も影響を受けるので FXで稼ぐ為には、金利変動もきちんとチェックする事も大切なんですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする